稲城市医師会について ホーム
  • 小
  • 中
  • 大
  • 文字サイズ

会長あいさつ

会長 谷平 茂 皆様こんにちは 稲城市医師会ホームページをご覧いただきありがとうございます。

 稲城市医師会は、現在開業医・病院勤務医を合わせて90名ほどの会員で運営される小さな医師会です。会員は日々の診療を行いながら地域住民の健康増進・福祉の増進に寄与することを目的に各種事業を行っています。
 予防接種、学校医・園医、休日急病診療、準夜急患こども診療、各種健診、がん検診、介護保険の認定審査などに従事しています。また、稲城市行政と協力し、各種市民講座や在宅医療・介護連携にかかわる相談活動も行っています。
 今後はこれらの事業を発展・充実させることはもちろん、関係諸団体の皆さまとともに災害医療対策、在宅医療、がん検診の精度管理など積極的に進めてまいります。
 これからも皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

会長 木村 榮成
医師会の活動について

 医師会は、医学及び医術の発展普及と公衆衛生の向上を図り、地域社会の福祉の増進に寄与することを目的としています。本会は、3つの病院と39の診療所、1つの老人保健施設の開業医、勤務医で構成され、現在89名が入会しています。

本会の活動の中で、とくに市民の皆様に関係するものを列挙します。

1)地域保健に関する事業
1. 各種の健診(特定健診、市民健診、乳幼児健診、就学時健診、小中学校の総合健診など)
2. がん検診(大腸がん、子宮がん、乳がん、肺がん、胃がん)
3. 前立腺がん検診(医師会独自の事業です)
4. 予防接種(個別接種)

2)地域医療に関する事業
1. 休日急病診療
医師会員が持ち回りで、日曜・祭日、年末年始の診療を行っています。
2. 近隣の病院との連携(病診連携)
市立病院のほか、近隣の病院との連携を充実させ、必要に応じて紹介できるシステムがあります。
3. 地域連携小児夜間休日診療
市内で開業している小児科医が、交代で週一回、準夜帯の市立病院の夜間診療をしています。

3)地域福祉に関する事業
1. 定期的に介護保険認定委員会に出席しています。
2. 主治医意見書の作成を行っています。

4)地域活動支援に関する事業
1. 稲城市や南多摩保健所などが開催する各種委員会に出席しています。
2. 学校医や産業医として地域活動に寄与しています。

5)公衆衛生の啓発指導に関する事業
1. 市民公開講座の開催(各種がん講演会等)
2. 市の広報誌「いなぎ」の「ヘルスメーター」欄を毎月会員が執筆し、医学ミニ知識を提供しています。

6)いなぎ在宅医療・介護相談室
稲城市では、医療と介護の両方を必要とする高齢者等が、住み慣れた地域で自分らしい生活が送れるよう、在宅医療と介護サービスを一体的に提供するための事業を実施しています。
これを受け、稲城市医師会では、医療と介護の両方を必要とする方々の相談活動や様々な情報提供を行っています。

いなぎ在宅医療・介護相談室

【相談受付時間】毎週 月・水・金曜日 9時〜15時
【電話・FAX番号】042-377-4964


【内容】
・在宅医療に関する相談受付・情報提供
・主治医紹介
・その他、在宅医療に関する情報提供
・市民対象の講演会を実施
・医療、介護に関わるスタッフを対象とした研修会、交流会を実施

理事役割

会 長谷平 茂  (会務総括)
副会長梶原 隆広 (総務担当)
渡邉 純夫 (地域保健担当)
理 事山﨑 一也 (広報担当・感染症担当)
理 事敷島 康史 (学校保健担当・福祉担当)
理 事中澤 秀夫 (災害医療担当)
理 事松﨑 章二 (学術担当)
理 事力石 昭宏 (財務担当)
理 事中村 敏弘 (介護保険担当)
理 事竹田 有為子(保険担当)
監 事石垣 信男
監 事山内 健二

ページトップ